FC2ブログ

2010-08-07

部長さんと。。。 (第六話)

失禁という失態を犯してしまった私。。。
それでも喜んで私を抱き続けてくれたFさん。。。

そのFさんも長い時間 激しく私の中を行き交った所為か、果てたみたい。。。

腰の動きが止まり私の胸に顔を埋めて荒げた息を整えていました。

Fさんの オチンチン が私の中に留まっているだけで、私の体は仰け反りながら ビクビク と痙攣してました。。。

…あれだけ激しく動いたんですもの、さすがのFさんでもイっちゃうわよね。。。

 ・
 ・
 ・


「ふぅ。。。 気持ちよかった

「まだまだ。これからだよ。」

「えっ

「イったと思った

「う。。うん。。。」

「全然イってないよ。」

「うそぉ


…あんなに激しく動いたら、普通はイってしまうわよね

…Fさん遅漏なのかなぁ
…それとも。。。私の オマンコ が気持ちよくないの



「あのぉ。。。私の中、気持ち良くないです

「いやいや、そんな事ないよ。今まで経験した中で一番気持ちいいよ。」

「包み込む様に柔らかいし、滑らかだし、でも動けないくらい良く締まるし。」

「それじゃ。。。コンドームがダメなの

「それもあるかも知れないけど、イキ時をコントロールできるから、自分からイかなかっただけだよ。」

「たったこれだけでお終いなんて言ったら、那美さん足りないでしょ? もっと那美さんが感じてる姿を見たいし。」

「たったこれだけって。。。充分凄かったのよぉ。。。」

「男は己の肉体で女性を喜ばせてナンボ。男はイってしまったらお終いだけど、女性は幾らでも感じられるでしょう。だから女性が満足するまではイかない、これがポリシーだよ。」


…お体だけじゃなく、気が若いというか、強い信念も影響してるのかなぁ。。。


「奥さんとはコンドームしてるんですか

「リングを入れてるから生で入れて中で出してるよ。」

「まぁ素敵

…それ。。。私も出来るんだけどなぁ。。。

「私もリング入れちゃおうかな

…もう入ってるけどぉ。。。


 ・
 ・
 ・


暫く繋がったまま会話を交わしました。
滝の様な汗をかきながら私の体に喜びを与えてくれたFさん。
私も喘ぎ声をいっぱい出したので喉がカラカラ。

お互いに水分補給が必要なので、一旦体を離してFさんは飲み物を取りに行きました。

Fさんはその飲み物をベットから起き上がれない私に口移しで注いでくれました。

…これが初めての口移しじゃないけど、初めて抱かれる男性にされた事はなかったわぁ。。。

…Fさん、よっぽど私のことが好きなのかなぁ

…私もFさんに大切にされてるみたいで嬉しっ


注ぎ終えて私が飲み干すと、そのまま舌を絡めたキス。。。

それを二・三回繰返し、最後の一口を飲み干して舌を絡めていると、再びFさんは私の中に彼のものを進めてきました。

色々と体位を入替え、お互いの体を確かめ合った二人。。。


一番気持ちよかったのは愛を感じる正上位だったけど、バックもびっくりするほど気持ちよかったの

元々バックも好きなんだけど、やっぱり違和感があるのも事実。でもFさんとのバックは全く違和感がなくてとっても気持ち良かったの あれだけ大きくて硬い オチンチン なのに。。。

Fさんにその事を話したら、

「それは男が下手なだけだよ。」

「角度を調整すれば殆どの女の子はバックでも気持ち良くなれるよ。」

ただし、一定の角度を保てばいいという訳じゃなくて、進ませながら自分のものの反りに合わせて角度を変えないとダメなんだけどね。」

と。


…あんなに激しく動いているのに、そんな微妙な調整もしてるのね。。。

…器用なのね。。。やっぱり凄いわぁ

 ・
 ・
 ・



ふと時間が気になりFさんに何時か聞いてみると、深夜1時を回っていました。。。

Fさんの別荘には夜の8時前には入っていたから。。。もう5時間も体を交えていた事になります。

…この間、Fさんは一度もイかないまま。。。


私たちは体を離し、Fさんの腕枕で休憩をとりました。

…Fさんの腕の中って落ち着く。。。



    ZZZzzz.......



知らない内に二人とも眠りに就いてしまった様です。

ハッ と目が覚めて、Fさんの腕から抜け出し、自分の携帯で時間を確認すると1時半でした。

…10分くらいしか経ってなくて良かった。。。


でも、携帯には先生からメールが。。。

…ゴメンね。今日の那美はFさんのものなの




寝室に戻るとFさんは私が居なくなったことに気がつかないまま寝ていました。

ふと、Fさんのモノに目をやると・・・ 大きいまま
時折 ビクン と脈も打ってます

その大きい オチンチン を暫く観察

…やっとFさんのモノを間近で拝見できたわ

手に取ってみたFさんの オチンチン はまさに骨級の硬さ
カチンカチン です。

着けたままになっていたコンドームを外してみると、窮屈なゴムから解放されて傘が開き、そのカリの大きさにますます驚いてしまいました。薄いゴム膜とはいえ、やはりコンドームがない方が硬さもダイレクトに感じるわぁ。。。

暫くFさんの オチンチン を眺めたり触ったりした私。。。

…やっぱりコンドームを着けないで入って欲しいわぁ。。

…Fさんの オチンチン を直接感じたい。。。


私はFさんの オチンチン が愛おしくなり、そのままお口の中に含み始めてしまいました。

最初は先っぽを ペロペロ と舐めて。。。

唾液が馴染んだら カリ の部分まで頬張って

…大きくて顎が外れそう。。。


竿まで進めると、半分にも満たない内に先端が私の喉に届いてしまったので、その部分までゆっくり頭を上下させて丹念に フェラ を続けました。

…ここまでしかお口に入らなくてごめんね、Fさん。。。

…大きくてたいへん。。。でも美味しい♪

…私。。。フェラ が好きなのvv

…男性も喜んでくれるし、私も感じちゃうから♪

…Fさんの オチンチンフェラ できて幸せ♪


さすがにFさんも目が覚めたみたい。
フェラ をしている私の頭を両手でそっと撫でてくれました。

「あっ、起こしちゃったわね。」

「気持ちよくて起きちゃったよ。」

「那美さんって上手だなぁ。。。」

「ホント 嬉しいわぁ

「フェラ はお好きです

「大好きだよ。嫌いな男っているのかな?」

「お好きだったら、お願いしても良かったのにぃ。」

「嫌いな子もいるから自分からお願いしない様にしてるんだよ。」

「Fさんって優しいのね♪ 私は大好きだからいつでも言ってね

「ありがとう。嬉しいよ。」

「Fさん、まだイってないわよね

「私がお口でイかせてあげる

「いっぱい私のお口に出してね


私は再びFさんの オチンチン を口いっぱいに頬張って、上下にスライドさせました。

時折Fさんの方に視線を向けると、Fさんは気持ちよさそうにしていました。

顎が外れそうなくらい、咳き込みそうになるくらい奥まで入れて、できるだけ速く動かしたけど。。。 Fさんからはイく気配が一向に伝わってきません。


「気持ち良くないの。。。

「いやいや、すごく上手で気持ちいよ。」

「とっても エッチ な顔で舐めてるし。」

「でもね、かなり激しく長い時間をかけてもらわないと、フェラ でイけないんだよ。」

「那美さんがたいへんだから、もういいよ。ありがとう。」


…シュン。。。
…いつかFさんを私の フェラ でイかせてあげたいわ。。


名残惜しそうにFさんの オチンチン から口を離す私。。。

…私をいっぱいイかせてくれたのに。。。

…私、男性がイくところが大好きだから。。。

…Fさんにもイって欲しいのぉ。。。


私はFさんの上に跨り、自らFさんの オチンチン を手にとって私の中に導きました。


「クフッ。。。 太い。。。」

「うっ。。。 気持ちいい。。。」


まだ先端しか入ってないのに、もの凄い快感が私を襲ってきました。

…コンドームがないからさっきより頭が数段大きく感じる。。。
…ダメ。。。 凄すぎて腰を降ろせない。。。

…それに。。。この先まで進めると硬い竿が待ってるし。。。

躊躇っている私にFさんは、

「出ちゃったら大変だよ。。。」

「コンドームを着けないと。」

と言ってきました。


「・・・・・」

「今日は安全日なの。」

…今更だけど。。。この手があったわね!


「私の事を気遣って避妊してくれただけで私は嬉しいの

「でも超安全日だから安心して私の中に深く入って


そのセリフで私自身の躊躇いも払拭させ、それまで宙に浮かせていた腰を沈めて一番奥まで彼のものを呑み込みました。

「ヒャン 硬い

一気に一番奥まで沈めたので体がこわばったのと同時に オマンコ もキュッ と締まってしまいました。
なおさらFさんの オチンチン の硬さが私に伝わって。。。

「すっ、凄い。良く締まるよ。。。」

「あんあんあんあん。。。おっきくて那美の オマンコ 壊れちゃうぅ。。。」

「あんan あんan あんan あんan... やっぱりコンドーム外して良かった

「さっきより オチンチン おっきく感じるぅ。。。」

「那美さんの オマンコ こんなに吸い付くのか。。。」

「さすがにこれは生じゃないと分からなかったな。。。」

「あっ..あっ..あっ.... 奥が気持ちいい。。。」

「奥をもっと グリグリ ってしてぇ。。。」

「那美さんほんとにエッチだなぁ。。。可愛いよ。」

「可愛いなら グリグリ してぇ。。。」

「イヤン グリグリ されると Gスポット も気持ちいい

「硬いのが Gスポット を擦ってるのぉ

「那美さんって良く濡れるなぁ。クチュクチュ いってるよ。」


騎乗位でFさんから下から腰を回されたり、ピストンされたりして、今までにないくらい恥ずかしいセリフを連呼してしまった私。。。

Fさんの オチンチン はどの体勢からでも私の オマンコ の感じる部分を的確に突いてきます。

…やっぱり素の オチンチン って最高。。。


ここでも潮を噴いてしまった私。。。
でも、私は気付くことが出来ないほど感じていたから、Fさんに言われて初めて気付いただけ。。。



体位を騎乗位からバックに変え、四つん這いになった私をFさんは後ろから激しく攻め立ててきました。
Fさんの下腹部と私のお尻がぶつかり合う音が パンパン と部屋中に鳴り響いて。。。

「こっ。。。壊れちゃうぅ。。。」

「壊れるならやめようか?」

「ダメッ。。。 やめないでぇ。。。」

「あんあんあんあん。。。もっとぉ。。。」

「Fさんの オチンチン で那美の オマンコ 擦って

「奥まで突いて


私の腰の左右に手を添えて、Fさんは腰の動きを速めてきました。

…そうなの。。。1秒に5回くらいのあの速さで。。。

これをされると。。。

 ・
 ・
 ・

…やっぱり出ちゃった。。。

…一旦は空っぽになったんだけど、あれから時間が経ったから溜まっちゃったのね。。。

またもや失禁してしまった私。。。
背後から突かれる度に、愛液とは異なる ピチャピチャ というキタナイ音が。。。

その音と共にしぶきがあちこちに飛び散って。。。
ベットにも ボタボタ と垂れ落ちているのが分かりました。

「可愛いよ。大好きだ。」

「嬉しい

 ・
 ・
 ・
 ・

それから明け方の4時くらいまで、二人は体を交え続けました。

後半はずっと正上位で。
私が持たないからっていうのと。。。お互いに愛を感じていたかったから。。。

…不倫相手に愛情を抱くのはご法度だけど、セックスの最中だけは愛を込める様にしています。そうじゃないと体が満たされないから。。。

 ・
 ・
 ・

前日の夜8時くらいから始まったセックスはおよそ8時間にも及び、その間Fさんは一度も萎むことなく私の体に喜びを与え続けてくれました。(夕飯をとるのも忘れ、延々と体を交え続けました)

でも。。。結局Fさんは一度もイキませんでした。

それでもFさんは 「私がとっても感じてくれたので嬉しかった。」 と、ご満悦のご様子。





夜が明け始める前に二人でお風呂に入りました。
湯船にぬる目のお湯を張って、二人でゆっくりと浸かって

Fさんは私の体を隈なく洗ってくれました。
髪も背中もオッパイもアソコも、足の先まで全てFさんの手で。

…こんなに優しくてマメな男性って初めて。。。

…トロけちゃいそう。。。

…もちろん、Fさんの オチンチン は私が洗ってあげました。

…お口で パクッ ってしながらね


お風呂の中でこの後の予定を相談。。。
お互いに今日も予定はなく、一緒に居る事にしました。
嬉しいー

だから、昨夜交わした 「今夜限り」 という契約は、「私がFさんの別荘を離れる今夜まで」 と、暗黙の内に延長となりました

ただし、Yシャツを入替える為に一旦ご自宅に帰らなければならないとの事で、道路が混み出す前に別荘を離れることにしました。
・・・入替えに行かないと奥さまが別荘まで持って来ちゃうかも知れないから


…私は。。。先生を放置しちゃった。。。
…でも、私は先生一人のものじゃないの。
…だって既婚者なんだもの。。。

…先生もそれは心得ている筈なんだけど。。。
…今夜のお相手は主人じゃなくてFさんだけどねっ。


…主人は平気♪
…「連絡がないのは良い知らせ」 って事になってるから。

 
 
スポンサーサイト
[PR]

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

いつもながらエロすぎます♪

いつもながらとても激しい交際を楽しまれていますね

私も妻に那美さんのように楽しんでほしいんですが
まだまだ先の事になりそうです。

那美さんの失禁v-10
読んでいると興奮でアレの先からぬるっとした液が
出てしまいましたv-402

交妻ね♪


不倫を始めた頃は、主人を喜ばせたいって気持ち半分、私も楽しみたいって気持ち半分だったのですが、今は私の方がのめり込んじゃって。。。(#^.^#)

…交際 ならぬ 交妻 ってところですね f^_^;)

…その姿を見て主人も萌えているみたい♡


葵さん、濡れちゃったんですね♡(^_^)♡

以前、足の写真を載せたブログをやってた事があるんです。ミニから下着が見える様に写真を撮ってねd(^_^o)

その写真を見た男性から 「いつもオカズにしてます!」 ってコメントが来た時、男性を魅力できて嬉しかったです☆

…普通の女の子なら「イヤー! 」ってなっちゃうんでしょうけどね(^_^;)

いや~ん

那美さんたらぁ(ノwノ)

先生だってめっちゃ素敵な先生なのに
その先生を放っておくほど、極みの殿方なのが
よ~~~くわかりますぅ(*^-^*)

ある意味・・・・
先生は放置プレイ状態(*-m-*)?

その後が、楽しみですぅ(*^-^*)

恋人からセフレに↓


ぶちょぉさんのを知ってしまったら先生は。。。v-239
オチンチン の大きさも硬さも、腰を動かす速さや持久力も。。。全てが先生を凌駕してるんですもの。。。先生より10歳以上年上なのにぃ。。。

それとね、セックス の時ももちろんですし、それ以外のあらゆるシーンで歳の功を感じるんです。精神的ゆとりがあるというか。。。

先生だって相当ご立派な オチンチン をお持ちですし、その上若くて普通の男性と比べたら体力もあるから貴重な存在なんですけどねv-347

だからこそ ぶちょぉさん を知ってしまった今でも関係が続いてるんですけど。。。

…私も先生とのセックスは好きだしv-344
…先生も私の体から離れられないって言うし。。。e-413


ぶちょぉさんと関係を持ってからは先生への愛情が薄れたのは事実で、それまでの恋人関係から単なるセフレという関係にトーンが落ちてますぅ。。。

前までは先生も私の事を恋人として扱ってたけど、冷めてきた私の気持ちを悟ったのか、割り切る方向に切り替えたそうです。

「人妻だからしょうがないよなぁ。。。 ここで束縛しちゃったら別れることになりかねないし、そうしたら那美さんと エッチ できなくなるから。。。」 ですってe-465

…私の体、気持ちいいってことよねv-362ってちょっぴり嬉しかったけどv-345


あっe-2 私がぶちょぉさんと関係を持ってしまった事は秘密にしていますv-319
もしかしたら気付いているかも知れないけどねッv-353

…先生とは別れた方がいいのかなぁ。。。e-3

今週は禁欲週間。。。


そうそう、前に主人にも「先生とはセフレの関係にダウンしちゃったんだけど、そろそろ別れた方がいいかな?」って相談した事があるの。

そしたら、

「この体から離れられないと思うなぁ。。。」

って♡

↑オッパイを揉んだり、私のチャームポイントの脚を摩りながら(*^^*)

「それに、生で入れてしかも中出しできる女なんてそうそう居ないし。」

「相手がちゃんと割り切ってるなら、続けてもいいんじゃないか?  お前もそいつとはセックスしたいんだろ?」

うん♪

「あいつとセックスして帰ってくるとエッチな体になって帰ってくるし。」

うんうん♪♪

という訳で、ペースはだいぶ落ちたけど、今も先生には美味しく召し上がってもらってますv-353


…気になるのは先生のことより ぶちょぉさんとのその後。。。ですよね(^_^;)

きゃぁ~

女の子としては、いつでもエスコートして欲しいですよね(*^-^*)
その点、ぶちょぉさんはパーフェクトな殿方v-10
ayaもそんな素敵な殿方に出逢いたいですぅv-10

完璧なんですぅ。。。 もう メロメロ(*^.^*)ポッ


そうよねッv-346 女の子はいつもエスコートされたいのよね~e-467

優しくて~e-415 いつもリードしてくれて~e-414
でも優しいダケじゃなくて、ビシッ っと締めるところも押さえてるのよねぇe-420

それだけでもラブe-266なのに、ご立派 なモノをお持ちで、とっても タフ で。。。

ほんと、隙がないの、ぶちょぉさんってe-343

いや~~ん

なんて素敵なんでしょぉ(*^-^*)
そんな殿方に逢いたいですぅ(*ノwノ*)

そして・・・・
那美さんと、ぶちょうさんの続きが・・・・・
とっても気になる今日この頃ですぅ
プロフィールプロフィールプロフィール

那美

Author:那美
 
私が不倫をするなんて。。。
思ってもみませんでした♪

・・・こんなにドキドキするなんて。。。
・・・こんなに気持ちいいなんて。。。
誰も教えてくれなかったわよぉ。。。

・・・世間一般ではタブーみたいだけど、私は主人公認だからめいいっぱい楽しんでますvv

カテゴリカテゴリカテゴリ
最新記事最新記事最新記事
最新コメント最新コメント最新コメント
最新トラックバック最新トラックバック最新トラックバック
月別アーカイブ月別アーカイブ月別アーカイブ
FC2ブログランキングFC2ブログランキングFC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>アクセスカウンター<%plugin_first_title>
♪いらっしゃいませ♪
          

Powered by FC2 Blog